会社案内

代表メッセージ Message

代表取締役 徐 鴎
弊社が誕生してから三十数年、これまでも、リーマンショック、領土問題に端を発した日中間の関係冷え込み等など、グローバルな問題が山積しておりました。そのような中を、弊社に対するお客様の信頼と社内での付加価値機能の充実を図ることにより何とか乗り越えてまいりました。

しかし、この数年、世界の分断、貿易戦争、ナショナリズム、新冷戦、パンデミック、地球温暖化、言葉に出しても重い課題が地球を覆い、ともすれば、その閉塞感により暗闇を手探りですすんで、出口が見えないかのような感覚に囚われることがあります。

製造業の日本回帰、米中のハイテク競争の下でのアメリカの中国への制裁、それに対する中国からの報復など。国際的にも、日本においても、中国との関係が見直されている昨今ですが、このような状況であっても、日本の最大の輸出国は依然として中国であり、中国政策の見直しを考えず、現状維持、更には投資を増額するという大企業がほとんどであるという現実があります。中国をめぐる政治状況は、複雑化しておりますが、その一方で、市場価値としての中国は健在であり、政治と経済が、時には連動する可能性もある中国で、弊社のように、日本と中国の両国に根をおろし、信用と、ある程度の規模を持ちながらも柔軟に、またスピード感をもって中国の商売をすすめられる企業は、多くはないのではないかと自負しております。それは、中国でビジネスをすすめる日本のお客様にとっての弊社の役割がさらに高まったのではということであります。

「ピンチをチャンスに」とはビジネス界の鉄則ではありますが、そこまで達観できませんが、少なくとも中国との商売は、やはり弊社のような存在がさらに求められるのではと思うこの頃です。